患者さんへ

対象疾患案内

脳神経外科で主に診療してる疾患についてご紹介いたします。

脳腫瘍
脳血管障害
機能的
脳神経外科分野
小児・中枢神経奇形
  •  
脊椎・脊髄疾患
  •  

硬膜動静脈瘻

硬膜という脳や脊髄を包む膜の上に、硬膜を栄養する動脈と静脈が直接一つまたは複数の穴(シャントと呼びます)を介してつながることによって、動脈の中を流れる血液が直接静脈へ流れ込む病気です。
脳動脈奇形と同様に、圧の高い動脈血が静脈へ流れ込むために、周囲の静脈の圧が高くなり、時に脳や眼へ血液が逆流します。このシャントを流れる血流の量と部位に応じて、頭痛や雑音、眼の充血、視力が低下する、眼が飛び出すなどの症状が出現します。脳へ血液が逆流する場合には、脳内出血を起こし、重篤な後遺症を残す場合があります。また稀に脊髄を覆う硬膜の上にシャントがあり、脊髄へ血液が逆流する場合には、脊髄の血の流れが悪くなり、両方の足のしびれや麻痺を起こすことがあります。
治療には、手術と血管内治療とがあります。共に、シャントの部位を閉鎖することが目的です。近年の血管内治療技術の進歩によって、大部分は血管内治療で根治させることが可能となってきましたが、シャントの部位や量に応じて治療法を選択します。

硬膜動静脈瘻

PAGE TOP

患者さんへ

アクセス

九州大学病院
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-641-1151(代表)

アクセスマップ