患者さんへ

対象疾患案内

脳神経外科で主に診療してる疾患についてご紹介いたします。

脳腫瘍
脳血管障害
機能的
脳神経外科分野
小児・中枢神経奇形
  •  
脊椎・脊髄疾患
  •  

小児・中枢神経奇形

小児神経外科の二大疾患は水頭症と、脊髄髄膜瘤や脊髄脂肪腫を代表とする二分脊椎です。

小児神経外科の領域は、小児の身体の特殊性に加え、小児の疾患の特異性の問題から、どこの脳神経外科施設でも取り扱うことができるものではなく、限られた施設において高度に専門化された治療が行われています。

新生児疾患では、高度医療に対応できる新生児集中治療室との連携は不可欠です。当院では、周産期母子医療センター(産科、小児科、小児外科)とのチーム医療で、胎生期におけるエコー検査やMRI検査を用いて、これらの疾患の早期診断に努め、確実な周産期管理のもとで治療を行っています。水頭症に対する手術方法は、病態に応じて、神経内視鏡的手術とVPシャント術(脳室腹腔短絡術)を使い分けています。

また、二分脊椎は、脊髄が皮膚表面に露出していることの有無で、開放性二分脊椎(脊髄髄膜瘤や脊髄披裂など)と潜在性二分脊椎(脊髄脂肪腫や先天性皮膚洞など)に分かれます。どちらにしても長期的な機能予後を重視した治療が必要で、足や肛門括約筋の筋電図モニター下に手術を行っており、最大限の脊髄機能温存を心がけて手術を行っています。当院では、モニタリングを専門にトレーニングを受けた医師が絶えずモニターを監視しながら手術を進めております。また、小さなお子さんのことですので、術後の成長発達もとても重要なことです。術後もお子さんの成長発育に応じて、小児科、小児外科、泌尿器科、整形外科との連携で、脳や脊髄の機能改善を目的とした治療を行います。

また、小児特有の脳腫瘍や、もやもや病、動静脈奇形、軟膜動静脈瘻などの小児血管奇形の診断・治療も行っております(脳腫瘍・脳血管障害のページをご参照ください)。

患者さんへ

アクセス

九州大学病院
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-641-1151(代表)

アクセスマップ