患者さんへ

対象疾患案内

脳神経外科で主に診療してる疾患についてご紹介いたします。

脳腫瘍
脳血管障害
機能的
脳神経外科分野
小児・中枢神経奇形
  •  
脊椎・脊髄疾患
  •  

脳動静脈奇形

脳血管には、酸素や栄養分を運ぶ動脈と組織からの血液を心臓に返す静脈とがあり、動脈と静脈との間には、組織と血液との間での物質の交換を担う毛細血管という網目状の血管があります。動静脈奇形では、この毛細血管が先天的に欠損しており、動脈血が直接静脈へ流れ込むため、血管がとぐろを巻いたような塊(ナイダスと呼びます)になっています。高い血圧がかかっているナイダスが破裂しますと、脳内出血やくも膜下出血になります。一度も破裂していない脳動静脈奇形は、年に約2%の確率で破裂します。 破裂した場合には、突然強い頭痛や吐き気を認めます。破裂する以外に、「けいれん」という手足が硬直する発作を起こす場合があります。

【治療】
破裂をした脳動静脈奇形は、再破裂を予防するために治療をします。また、破裂をしていない脳動静脈奇形でも、治療が安全にできる部位にある場合は、特に若い方には治療を勧めることがあります。
治療法には、3つあります。一つは「開頭手術による摘出術」です。出血の予防効果については、ナイダスの摘出が完全であれば、即時的な(再)出血予防効果が期待できます。しかし、脳動静脈奇形の摘出術は、脳神経外科手術の中でも難易度の高い手術であり、ナイダスが深い部位にある場合、周囲の脳が重要な機能を担っている中枢の場合には、摘出することが困難になります。

二つ目は、「脳血管内治療による塞栓術」です。近年急速に進歩してきた治療法であり、マイクロカテーテルという非常に細い管を足の血管から挿入して、血管の中で固まる液体塞栓物質を、脳動静脈奇形の中に流し込み、固めてしまう方法です。頭を切らずに治療でき、脳の深部にあっても治療が可能ですが、大きな脳動静脈奇形では、この方法だけで治ることは非常にまれです。
三つ目の方法は、「放射線治療」です。ガンマナイフという特殊な照射装置で、脳動静脈奇形に放射線を集中させて、脳動静脈奇形を閉塞させます。頭を切らずに治療でき、脳の深部にあっても治療が可能ですが、大きな脳動静脈奇形は治療できないことと、放射線照射では閉塞までに時間を要することが欠点です。
実際の治療では、患者さんの動静脈奇形に応じて、適切な治療計画を立てます。

PAGE TOP

患者さんへ

アクセス

九州大学病院
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-641-1151(代表)

アクセスマップ