患者さんへ

対象疾患案内

脳神経外科で主に診療してる疾患についてご紹介いたします。

脳腫瘍
脳血管障害
機能的
脳神経外科分野
小児・中枢神経奇形
  •  
脊椎・脊髄疾患
  •  

悪性脳腫瘍

代表的な悪性脳腫瘍として、神経膠腫(グリオーマ)、悪性リンパ腫、髄芽腫、胚細胞腫瘍、転移性脳腫瘍などがあります。九州大学脳神経外科では、これらの腫瘍に対して手術、化学療法、放射線治療を単独あるいは組み合わせて治療を行っています。
治療方針の決定に関しては、

  • ・手術(外科的摘出)が必要かどうか
  • ・手術を行う場合は、どのような方法で行うか
  • ・術後に化学療法や放射線治療などの追加治療が必要か
など様々な点で詳細な検討を行い、個々の症例において最も適している方法を提示し、患者様本人・ご家族と相談のうえで最終的な方針を決定しています。

悪性脳腫瘍の手術について

九州大学脳神経外科は開設当初より悪性脳腫瘍の治療に注力しており、全国でもトップクラスの手術症例数を誇っています。手術については、

  • ・病変部位を可能な限り摘出する。
  • ・脳機能を最大限温存する
の2点を達成することを目標としています。
そのため、全症例において最先端の診断機器を用いた術前検査を徹底的に行い、それらの情報を統合した上で最良と思われるアプローチを決定しています。

  • 手術シミュレーション画像
  • 手術シミュレーション画像

手術には最新のナビゲーションシステムを導入しており、術中に機能上重要な血管や神経の位置を確認しながら、手術を行っています。さらに、術中に運動機能や感覚機能、そして視覚機能などが温存できているかをリアルタイムに確認するために専門の脳神経外科医が手術室に常駐し、モニタリングを行っています。また、肉眼では分かりにくい腫瘍に対しては、術中蛍光診断(腫瘍を赤色に発色させる)を行い、確実に病変部位を摘出する事に努めています。

  • 術中蛍光診断
  • 術前
  • 術後

覚醒下手術
脳には機能分布があり、運動をつかさどる部位(運動野)、言語をつかさどる部位(言語野)、視覚をつかさどる部位(視覚野)などと分かれています。九州大学脳神経外科ではこれらの機能を温存する目的で、必要に応じて「覚醒下手術」を行っています。覚醒下手術とは、手術中に患者さんに起きてもらい、会話したり手足を動かしたりしながら手術を進める手法です。病変を摘出している間、患者さんにはさまざまな質問に答えて頂いたり、指示に応じて手足を動かしてもらったりします。これにより切除しても問題ない部位と障害が出る部位を区別し、脳機能を最大限に温存しながら、腫瘍の摘出を進めて行きます。

  • 覚醒下手術の様子1
  • 覚醒下手術の様子2 脳表を刺激装置で刺激し、言語野を確認しながら手術を行う。

神経内視鏡⽣検
近年、⼿術の際の脳の侵襲を最⼩化することが重要視されるようになり、その1 つに神経内視鏡⼿術があります。神経内視鏡は⽔頭症や脳室内の出⾎・腫瘍性疾患を治療する際に使⽤されます。当院では適切な症例を選択して神経内視鏡治療を⾏っています。

脳腫瘍の分野では診断を確定するために腫瘍組織を採取する必要がありますが、神経内視鏡を⽤いることにより、従来は頭蓋⾻を広範囲に開放していた⼿術を穿頭術といって径1cm程度の⽳(右図 ⽮印)で⾏うことができます。また、脳室(脳脊髄液が流れている空洞)を経由することにより、開頭での到達が困難な脳の深い場所の組織を容易に採取することが可能です(下図)。

【頭部MRI所⾒】
脳の深いところにある腫瘍(⽩い部分)に対して脳室経由でアプローチでき、脳に対する侵襲を最⼩限にすることができます。

【術中の神経内視鏡所⾒】
内視鏡で観察しながら鉗⼦を使って病変を採取します。

化学療法・放射線治療について

術後に病理診断が確定後、必要に応じて化学療法や放射線治療などの追加治療を⾏います。化学療法で⽤いられる抗がん剤は多数あり、これらを単独あるいは複数組み合わせて治療を⾏っていますが、私たちは病理診断だけではなく、摘出された腫瘍の遺伝⼦解析を⾏うことで、腫瘍の薬剤への感受性などを総合的に検討し、個々の患者様に最も適していると思われる薬剤を選択しています。

具体的には、MGMT遺伝⼦のメチル化という異常を評価することで、テモゾロミドという薬剤の有効性を予測することができます。九州⼤学病院の治療成績においても、メチル化のある膠芽腫ではテモゾロミドの使⽤により治療成績が向上していましたが、⼀⽅メチル化のない腫瘍では、アバスチンという⾎管新⽣阻害薬と呼ばれる薬剤を積極的に使⽤することにより治療成績が伸びているという結果が⽰されました。

他にIDH 遺伝⼦の変異と、1 番染⾊体と19 番染⾊体の共⽋失と呼ばれる異常の組み合わせにより、化学療法の有効性を予測することが可能です。九州⼤学病院では、この2つの異常を伴う神経膠腫では化学療法の有効性が⾼いため、放射線治療を⾏わずに化学療法単独で治療する⽅針としており、良好な治療成績が得られています。また、TERT遺伝⼦の変異や10番染⾊体の⽋失のある神経膠腫は、病理診断に関わらず早期に再発する傾向があることが分かってきたため、初期から放射線化学療法を積極的に⾏う必要があります。

このように、遺伝⼦メチル化、遺伝⼦変異、染⾊体⽋失という3つの異常を解析することで、化学療法を区別して⾏うことが良好な治療成績に繋がることが分かってきました。九州⼤学病院では先進医療「⾼悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝⼦検査」を2018年8⽉より導⼊して、⼿術後にこれら全ての遺伝⼦異常を解析することで、最適な治療を提供できるようになりました(右図)。⼩児脳腫瘍に対しては、⼩児科の腫瘍グループとの連携により、多剤併⽤の治療を⾏うことが可能です。
また、放射線治療に関しては、ノバリスという最新の機器が導⼊され、腫瘍の形状に⼀致した精密な放射線照射(IMRT)を⾏うことが可能となりました。アバスチンは放射線障害を軽減する効果があるため、再発時の腫瘍にも放射線治療を積極的に導⼊することが可能となっています。

その他の治療について(主に保険外診療)

九州大学脳神経外科では通常の放射線/化学療法だけではなく、下記の様な治療を受けることも可能です。これらの治療については、保険外診療となり、健康保険の適用となりませんので医療費を自己負担していただく必要があります。また、治療については適応があるかどうかの判断も必要になりますので、ご希望の方は担当医にお問い合わせ下さい。

ゲノム医療について

ゲノムはDNAに含まれる遺伝情報のことで、体をつくる細胞や臓器の設計図のようなものです。がんをはじめとした病気の発⽣にはゲノムの異常が深く関わっていますが、近年ゲノム研究の⽬覚ましい進歩により、個別の病気がもつ異常を特定することで病気の性質を理解したり、より効果的な治療の選択ができるようになってきています。

がんゲノム医療

がんゲノム医療は⼿術などで採取したがんの遺伝⼦を調べ、遺伝⼦の変化に応じた治療薬を探す試みです。2019 年6 ⽉1 ⽇よりがん遺伝⼦パネル検査の保険適⽤が開始されたことで、通常の診療にもゲノム医療が取り⼊れられるようになりました。検査の対象となるのは「標準的治療が終了している」「標準的治療がない」「原発不明がん」「希少がん」「⼩児がん」などの⽅で、検査をしても全ての⽅に適した治療薬が⾒つかるわけではありませんが、⾒つかった場合には効果的な治療薬が使⽤できる可能性があります。

九州⼤学はがんゲノム医療中核拠点病院(全国11か所)に選定されており、このがんゲノム医療に積極的に取り組んでいます。

また、登録後にがんゲノム検査を受け、その結果に基づいた治験・先進医療にエントリーできる「Masterkey プロジェクト」に国内3 施設⽬として2019 年7 ⽉から参加しています。対象となる進⾏・再発脳腫瘍の患者さんに可能な治療選択肢が増えることが期待されます。今後は、保険適応がない薬剤に関しても、がんゲノム検査で有効であることが⽰された場合には、患者申出療養の制度により投薬が可能になる場合があります。

Novo TTF(交流電場脳腫瘍治療システム)

腫瘍治療電場を発生させる装置を頭に装着することにより腫瘍細胞の分裂を阻害し、腫瘍細胞を死滅させます。既存の化学療法や放射線療法とは全く異なる新しい治療法で、2015年3月に厚生省より薬事承認されています。 当院ではノボキュア社による認定講習を修了したスタッフが2名おり、当院での使用も可能となっております。

詳細につきましては、下記リンク先をご参照下さい。
脳腫瘍治療電場療法 PDF

※説明文書、動画に関しましてはノボキュアより提供を受けています。

臨床研究に関して

脳腫瘍の分⼦診断、画像所⾒、治療及び予後に関する総合的研究

脳腫瘍の画像診断は主にMRI を⽤いて⾏われます。特にFLAIR 画像、造影剤を⽤いて得られるガドリニウム造影画像が腫瘍の局在や浸潤の範囲を把握するために重要な画像です。悪性腫瘍の場合には、⼿術後の放射線化学療法中には複数回の画像検査が⾏われますが、その間に画像上の改善を認めることがあります。⼿術前の画像及び治療経過で得られた画像変化と前述の遺伝⼦診断結果を含めた情報を照らし合わせて解析することで、治療有効性を予測する因⼦や予後予測につながる因⼦を⾒出す臨床研究を⾏っています。

Liquid biopsy(リキッドバイオプシー)による脳腫瘍新規診断バイオマーカーの探索

脳腫瘍の診断や治療⽅法の検討には腫瘍の遺伝⼦情報を得ることが強く望まれます。体液から腫瘍遺伝⼦を得ることを Liquid biopsy(リキッドバイオプシー)と呼びますが、脳腫瘍におけるLiquid biopsy(リキッドバイオプシー)が可能となれば、より安全に、より正確で有⽤な腫瘍の遺伝⼦情報が得られることとなり、脳腫瘍の診断⽅法に⼤きな進歩をもたらすことになります。九州⼤学病院脳神経外科では、現在脳腫瘍の患者さんを対象として、「Liquid biopsy(リキッドバイオプシー)による脳腫瘍新規診断バイオマーカーの探索」に関する「臨床研究」を⾏なっています。

詳しくはこちら

PAGE TOP

患者さんへ

アクセス

九州大学病院
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-641-1151(代表)

アクセスマップ