研修希望の方へ

脳神経外科について

はじめに

脳神経外科とは、脳や脊髄をはじめとする中枢神経系に生じる疾患(脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患、中枢神経奇形、機能的脳外科疾患など)を対象として、主に手術を中心とした専門的で高度な医療を実践する診療科です。近代の目覚ましい科学の発展に伴って医学の分野でも各臓器の機能解析がすすみ、移植医療や人工臓器の開発など飛躍的な進歩を遂げているにもかかわらず、脳の機能は未だ解明が進んでいない非常に神秘的な未知の領域です。脳神経外科医は外科医の立場からこれら未知の領域に挑んでいく開拓者たる臨床医、そして研究者です。

臨床分野

脳腫瘍(神経膠腫、髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫、上衣腫、脈絡叢乳頭腫、転移性脳腫瘍、胚細胞腫瘍、小児脳腫瘍)や血管性病変(脳動脈瘤や脳動静脈奇形など)の手術難易度の高い病変に対し、豊富な手術経験に基づき、良好な成績をあげています。術後化学・放射線療法に関しては個々の症例に対し検討し、最適な治療を行っています。難治性てんかん、パーキンソン病、三叉神経痛や顔面けいれんなどの機能的疾患に対しても、最新の検査と手術装置を用いて手術を行っております。これら知識や技術の踏襲を目指した研修システムが構築されており、すべての関連施設で同じレベルの手術をはじめとした診療を実践すべく、若手脳神経外科医の教育が施されています。

研究分野

脳腫瘍、脳血管障害、神経生理、医用工学を柱とし、様々な分野の研究室、研究機関との共同研究を推し進めることにより、より視野の広い、より高いレベルの研究を実践しています。
多くは実際の臨床から生まれる多くの問題点や疑問点を解き明かすべく、将来的な臨床応用が可能な臨床研究をメインとしていますが、そこから基礎研究へと各人の興味の対象が移行していく場合には、基礎系の研究室との共同研究を行うなど、幅広い研究が可能となっています。脳という未知の領域の解明を行い、九州大学から世界へと新しい情報を発信すべく、日々研究にいそしんでいます。

PAGE TOP

研修希望の方へ

アクセス

九州大学病院
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-641-1151(代表)

アクセスマップ